グリーンスムージー ダイエット

グリーンスムージーでのダイエットについて

現在、健康や美容に良いだけでなく、ダイエットにも効果的と高い注目を集めているのが、グリーンスムージーです。 グリーンスムージーとは、新鮮な生の葉野菜とフルーツをブレンダーを使って混ぜ合わせたものの事です。
葉野菜や果物の種類に制限はなく、組み合わせ方も自由で、好みの味を作って楽しめる事でも人気となっています。
葉野菜の味が強ければ飲みにくいのではないかと考える場合、果物を多く配合する事で、飲みやすい味へと変えていく事が出来ます。
慣れてきたら、葉野菜を増やしていく事で、より健康的な楽しみ方が出来るようになります。

グリーンスムージーが効くのはなぜ?

そんなグリーンスムージーが痩せる為に効果的とされているのは、そこに多くの酵素が含まれているからです。
酵素といえば消化酵素をイメージする人も多いでしょう。
ですが、酵素というのは、消化や吸収を助ける他、筋肉を動かしたり、呼吸を助けたり、体の中で様々な働きをしており、その量が減ってしまうと、体の代謝が落ち老化へと繋がっていくとされています。
体の代謝が落ちると、エネルギーの消費量が減り、それにより太りやすく痩せにくい体になっていきます。
酵素は若い間は、体の中に豊富にあるのですが、年齢と共にその量が減少していきます。
若い頃と食事の量や運動量はそれ程変わらないのに、太りやすくなってきたと感じたら、体の中の酵素が減り、代謝が落ちてしまっている可能性があります。
酵素は、生の野菜や果物に多く含まれているのですが、加熱をすると壊れてしまいます。
そんな中、グリーンスムージーというのは、生の葉野菜や果物の栄養素をそのまま摂取する事が出来る為、手軽に豊富な酵素をしっかりと摂取する事が出来ます。
更に、腹持ちが良いので、朝食をグリーンスムージーに置き換えると、通常の朝食で摂取するカロリーを少し減らし、更に固形物の消化吸収で胃腸にかかっていた負担を軽減させ、胃腸をしっかりと休めていく事にも繋がります。
そして、植物繊維も豊富に含まれている為、便秘解消にも繋がり、おなかのなかからすっきりと綺麗になっていく事が出来ます。
ただ、毎朝、作って飲むというのは大変と感じる人も少なくないでしょう。
そんな時は、粉末と水を混ぜるだけ手軽に作る事が出来るグリーンスムージーを利用してみる事がお勧めです。
粉末でも、ダイエットや美容、健康に有効な酵素や食物繊維など、様々な栄養素は含まれており、それらを毎朝、手軽に摂取する事が出来ます。



グリーンスムージーの飲み方


健康や美容にも良いとされるグリーンスムージーは、飲み方もしっておくと良いでしょう。 基本的には、グリーンスムージーだけの単体で飲みましょう。
豊富な栄養成分を、最も効率よく吸収させるためにも、単体で飲むことです。
ゴクゴクと飲むより、かみながら飲んでみましょう。
余計に吸収が良くなります。
コップ1杯からスタートする場合も、飲むタイミングは、胃の中に何も入っていない状態で飲みましょう。
1日の中で言うと、朝の時間は胃の中も空っぽなので、適しているタイミングです。
飲んだグリーンスムージーの栄養成分が、体中に行き渡りやすくなります。

グリーンスムージーを飲む量ですが、1日のあいだに1リットルから2リットル飲むのが、適切な量とされています。
量だけで見ると、かなりのたくさんの量に思えます。
しかし、この大量を1食の食事として飲むわけではありません。
1日のうちの数回に分けて、トータル的に、これくらいの量を飲むと良いということです。
効果を感じやすくするために、毎日1リットルは飲むと良いと言われています。
しかし、慣れないうちは大変ですから、まずはコップ1杯から飲むようにしてみるとよいでしょう。
1日だけで終わってしまうのはもったいないですから、無理のないよう、継続して毎日飲むことが大切になります。


グリーンスムージーの飲み方のコツ
コツは、1日のなかで何度かにわけて飲むということです。
くれぐれも無理に、一気飲みしようとはしないことです。
飲むと味わいも美味しいドリンクです。ですが、配合する野菜やフルーツ類の量は、あまり増やしすぎないようにしましょう。
胃腸への負担を考えると、種類があまり多すぎない方が良いです。
目安としては、1リットルではありますが、作るのは飲みきることができる量だけにすることです。フレッシュな鮮度も大切です。

飲み方で気をつけたいポイント
冷たいままを、立て続けに飲まないということがあります。
冷蔵庫で冷やしておいたら、出して常温にしてから飲むようにしましょう。
冷たいままを何回も飲むと、体の中まで冷えてしまいます。
それが、冷えの原因にもつながってしまいます。
そのため、温度は常温に戻しましょう。
特に冬の寒い時期は、内臓冷えになる可能性もあるので、冷たいままで飲むのは控えましょう。

気温の下がる冬の季節にグリーンスムージーを飲むのであれば、温かい白湯を最初に飲みましょう。
そのあとで、常温に戻したグリーンスムージーを飲むと良いです。